2017年6月23日 (金)

潮風のオルゴール

Photo_3

時間て、

地球が太陽の周りを何回まわったかってことがひとつの単位なの?

もしくは、

自分たち人間の

頭の中の記憶の遠近感なの。

砂はずっと流れてくんだけど…。

鳥取砂丘で。

2017年6月21日 (水)

水無月の頃

Photo

朝、布団のなかでうつらうつら意識が濃くなってきた時、

あ、今日休みなのかって思った瞬間にその思いが反転。

今日は仕事ということに気づかされて意識がより鮮明になって起床する。

その時落胆するけど、

その逆の時はすっごくうれしいよね。

2017年6月19日 (月)

Photo


やっぱり、

大切なものは、軽はずみに打ち明けちゃだめだよ。

最後の最後までとっておかなきゃ。

じゃあその最後のその時って何なの…、

さあね。

鳥取駅前で。

2017年5月14日 (日)

神の微風

Photo


誰がなんて言おうと、

好きなものは好き、

楽しいものは楽しい…

という気持ちが勝っていれば幸せだね。

4月29日、鳥取県三朝町三徳山三佛寺、春会式で。

2017年5月11日 (木)

5月の風

Photo_2


季節ごとにその季節を評価したり、

採点づけるなんてことはしてなかったような気がする…子どもだった頃は。

移りゆく季節を素直に受け入れていたように思う。

それでも、梅雨だけは子どもの頃から好きではない。

それだけは言える。

あとひと月で梅雨に入る。

そして一年でいちばん昼間の長い夏至までひと月半を切っている。

この間雪降ってたよね。

信じられない早さだよ。

鳥取砂丘で。

2017年4月27日 (木)

満面の笑み

Photo


Photo_2


Photo_3


去年に引き続き、

またしても天候不良に見舞われたのですよね、今年も。

僕の最も好きな花、桜。

つぼみが膨らみ始めた頃にいい天気が続いたのですが、

満開に近づくにつれて曇りや雨の日が多くなって、

散り始めた頃にまた晴れて来て。

空に向かってパンチを浴びせようかと思ったくらいでした。

まあ、これも自然の成り行きですのでね。

でも、

桜のあとにはチューリップ。

数年前から意識していた但東チューリップまつり。

どの程度なのかなぁと、それほど期待してなかったんですけど、

行ってみたら、

但東チューリップまつりのファンになりました。

また行こうと思います。

4月22日、兵庫県但東町、但東チューリップまつりで。

2017年4月10日 (月)

風のつぶやき

44_3

それでもあの時感じたほのかな匂いは、

今もこの胸にあるよ…。

4月4日、鳥取砂丘で。

2017年4月 8日 (土)

菜の花咲く土手で

44

あの日を再現できないかな。

至る所に菜の花が咲いてたんですよね、鳥取の千代川の堤防に。

どこで撮ろうかってすごい考えました。

4月4日、鳥取市服部、千代川の堤防で。

2017年4月 4日 (火)

今、春をかみしめて

41


やっぱり、第六感で勝負したいと思うね。

4月1日、鳥取 湖山池 青島公園で。

2017年4月 2日 (日)

218


触れるのはよそうと思ってても、

降れちゃうよね。

人として。

同じ、人としてのぬくもりが欲しいから。

この均衡はゆらぐことはないと思ってても、

時としてひるがえってしまうことがある。

そう思うのはこちら側のエゴ。

オブラートの薄い皮をめくれば、

真実に巡り合うことが出来るかもしれない。

それには少しのショックと、

勇気を試される。

鳥取砂丘で。

«3月28日に

無料ブログはココログ